ニュース

2010/08/23

第54回東京高円寺阿波おどり開催

第54回東京高円寺阿波おどり開催

高円寺の夏の一大イベントで、一年でもっとも高円寺が熱くなる二日間、『東京高円寺阿波おどり』が今年も開催される。日程は例年通り8月最終週の週末、8月28日(土)・29日(日)。

毎年100万人を超える観客を集め、新聞や雑誌にも取り上げられることの多い阿波おどりは、約188もの団体や連に所属する約12,000人の踊り手が、高円寺中の商店街や演舞場を跳ね、踊り、練り歩く。『東京高円寺阿波おどり』は昭和32年に開催された第1回大会から数えて今年2010年で第54回を数える。今では親子三代で踊る家族も珍しくないほどに、地域にどっしりと根付いている。東京で開催されるお祭りの中でも規模の大きさ、そしてなによりも特筆するほどの熱気を放つのはそんなところにも理由があるのかもしれない。

各連にとっても、日本全国のお祭りへの参加などで一年間磨きをかけた技の集大成を見せる場となり、その意気込みはお囃子のリズム、踊り手の表情にも表れる。また、注目すべきは連によっても様々な表現スタイル。個性的なアレンジのお囃子に力を入れる連、滑稽なおかしみや目まぐるしく変わる表情の踊り手を擁する連、大勢のかわいらしい子どもが参加し将来の高円寺阿波おどりの中心になりそうな連、活発な男踊りが華やかな女性の多い連など、見どころは尽きない。

阿波おどり当日の2日間は露店も多数出店され、売り子の呼び声も夏の祭りを盛り上げる。聞こえてくるお囃子の中、一休みして歓談に興じることもできる。なお、混雑緩和のための道路規制や交通整理もおこなわれるが、ルールを守って見物することで記憶に残る夏の終わりを楽しめる。

8月28日(土)18時ちょうど。祭りの開始の合図とともに一斉に鳴らされるお囃子と、飛び出す踊り子の躍動感は一見の価値ありです。

■NPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会
http://www.koenji-awaodori.com/

青色申告会

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集