店舗情報

2006/01/18 引き売り豆腐「築地野口屋」

週に数度。朝夕に「パ?プ?」という懐かしいラッパの音が聞こえてきます。20年前は、そんなラッパの音もよく聞こえてきました。夕方になると自転車に「よく転がらないなぁ」という程大きな桶をしょってやってくるお豆腐やさん。秋や冬には焼き芋やさん。冬の夜には「ぱぱら?ぱら」と屋台のラーメンやさんのラッパの音も聞こえてきたものです。

しかし、その音が途絶えて久しい高円寺に、まさか、今さらそんな音が聞こえるとは信じられず、パ?プ?という音が聞こえてきた時は空耳か、窓の外の世界がタイムスリップしているかと真剣に首を捻りました。その謎が解けたのは、昨年の暮のこと。

「築地 野口屋」という上りをたててリヤカーを引く女性の姿。また、ある時は若い男性と、豆腐の引き売りとはやや似つかわしくない(ごめんさい)人たち。しかし「築地 野口屋」と言えば、東京・築地に本社をもつ株式会社「ターベルモーノ」が展開する老舗のお豆腐やさん。引き売りに来る人は、曜日や時間帯が自由に選べるということから、夢を持ったアルバイト生が多いそうです。

気になるお豆腐は、大豆は青森県産のオオスズ、ほたるの里・伊豆大川の清水、赤穂の天然にがりを使用した本格派。代表的な商品は「ざる豆腐(270円)」「生ゆば(800円)」「豆乳(200円)」「絹・木綿豆腐(200円)」。

必ず、同じ曜日の同じ時間にやってくるそうなので、次こそは「パ?プ?」と音が聞こえたら、つかまえてぜひ食べてみたいと思います。そういえば、音が聞こえて慌ててボールを持っておいてかけてゆく。という光景も、今では見かけないですね。その頃のサンダルをつっかけと呼んでいましたが...今は死語?(苦笑

一ノ宮|2006/01/18

理容マツバラ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集