特集コラム

Column 13 東京高円寺阿波踊り

東京高円寺阿波踊り
2014/10/28

多くの人々が待ちわびる「高円寺阿波踊り」後編

時刻が17時になり、ついに阿波踊りが開始。始まりを告げるアナウンスと共に大きな歓声が上がり、鳴り物が鳴り、踊り手たちは踊りだすと、熱気は最高潮に。耳心地の良い鳴り物が響きわたると、自然と体は動いてしまいます。独特のリズムでありながら、遠くまで通るような音は、身体に染み渡り気分を高揚させてくれるのです。この鳴り物の演奏を聴いているだけでも十分に盛り上がることのできる、楽しいイベントと言えるかもしれません。それくらい、どの連の演奏も素晴らしかったのです。

踊り手たちの素晴らしさ

熱量の溢れる踊り手の姿は本当に美しく、目を離すことが出来ません。演舞場を思い切り使って、縦横無尽に踊っていました。年齢の幅も広く、下は2,3歳の小さな子供たちから上はベテランまで本当にいろんな方々が踊っていました。子供たちの踊りは一生懸命で可愛らしく、見ている観客からも「かわいいー!」との声があちこちから飛んでいました。ベテランの方々は、無駄のない、キレのある動きで、何年も何年も踊ってきたであろうその歴史と技術を感じさせてくれました。

column13014_1.jpg

阿波踊りの見せ場

連の名前が記された巨大な提灯のようなものを持つ方が先導し、連の演武は始まります。先導者に踊り手が続き、鳴り物の部隊がさらにその後に続いていきます。その連の演武の最後に、連が歩みを止めて最後の演武を行うのですが、これがまた素晴らしい盛り上がりなのです。

踊り手の踊りも、序盤の演武よりもずっと激しくエネルギッシュ。振りも大きく、自由自在に演舞場を踊りまわるのです。鳴り物の方々も演奏が一気にハイテンポになっていきます。先ほどのリズミカルな演奏とは打って変わって、激しいリズムを刻むのです。個々のパフォーマンスを楽しむのはもちろんのこと、踊り手と鳴り物が最大級のパフォーマンスを行い、その2組が合わさったときの素晴らしさはものすごいものがあるのです。

その「ものすごさ」こそが、演武の最後のパフォーマンスなのですその熱量たるや、目を見張るものがあります。まさに、演武の集大成ともいうべき盛り上がりで見ている人間を熱狂の渦に引きずり込むのです。踊り尽くし、演奏し尽くした後、観客から一斉に大歓声と拍手が沸き起こるのです。

感動と興奮を一度に与えてくれる「高円寺阿波踊り」。高円寺という街ならではの体験をぜひ一度味わってもみてほしいと思います。ぜひ来年はこの「高円寺阿波踊り」に足を運んでみてください。

■第58回東京高円寺阿波おどり
http://www.koenji-awaodori.com/
開催日程:2014年8月23日・24日17時-20時
開催会場:高円寺広域

主催:NPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会
   東京高円寺阿波おどり実行委員会
お問い合わせ:03-3312-3728

文・取材 / 岩崎浩之
ノーブルウェブ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集