特集コラム

Column 3 高円寺とメディア

2009/11/01

高円寺あたり

『高円寺あたり』とは1980年(昭和55年)5月号から翌年の4月号まで雑誌ぶーけで連載されていた、西谷祥子さんのまんがです。ストーリーは、主人公が高円寺駅南口に降り立つシーンからはじまります。がしかし、連載された年を舞台にしていると仮定すると、ちょっとばかり駅が豪華に描かれている感が..。

そんな目線でマンガを追ってゆくと、主人公が今度はパル商店街を通り抜け一言。『子どもの頃はアーケードなんてなかったのに』も当然。パル商店街がアーケードになったのは、1979年(昭和54年)4月のことですから、主人公が上京する1年前ということになります。

そしてさらに、主人公はパルを進み桃園川付近へとやってきます。
そこでの主人公の台詞『ずっと前はどぶ川じゃなかったかしら』。桃園川が現在のように、コンクリート街道の下を流れるようになったのは、昭和40年。度重なる氾濫による被害をさけるために下水にした結果。マンガの中では、高円寺に来たのは『10年前』『10年近く』という表現が出てきますが、最低でも14 - 15年前。3才くらいの年齢ということになります。うーん。恐るべし記憶力。

と何だかんだ書きましたが(ごめんなさい)、この時代は髪結いの亭主は...なんて言われた時代のなごりがあり、今よりもまだ男女の差別化があった時代。女性=結婚という常識の中で主人公が自分の生き方を探してゆくストーリーは、なんとなく韓国ドラマ的なストーリーで面白かったです。

文・取材 / 高円寺ナビ
理容マツバラ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集