特集コラム

Column 6 高円寺びっくり大道芸

高円寺びっくり大道芸
2015/08/28

高円寺びっくり大道芸2015

column6051_01.jpg

大賑わいの高円寺

さあ、今年も高円寺びっくり大道芸の季節がやってきました。今年は例年にも増して、企画・運営に気合が入っているように感じます。なぜそう感じたか?

それは、開催日の約1週間近く前から、高円寺の街に少しずつ変化があったから。駅前や商店街、アーケードに様々な装飾が施されていたんです。

そして、運営の方々が、夜遅くまで働いている姿を何度も拝見しました。その甲斐あってか、当日は高円寺に大勢の人々が集まり、大賑わい!開始時間の前から大道芸人の、パフォーマンスエリアの観覧スペースに陣取って自分たちのスペースを確保している人々もちらほら。

「高円寺びっくり大道芸」の人気の高さや、どれだけ待ち望まれているかが良くわかる一幕でした。大道芸人たちのパフォーマンスが始まる頃には観覧スぺースはほぼ埋まっている状態。立って見るスペースを見つけるのやっとという程。これは確かに席取りが必要かと思ってしまうほどでした。

column6051_02.jpg

観客を盛り上げるパフォーマンス

大道芸人たちのパフォーマンスは、言わずもがな素晴らしいものでした。やはり様々な現場で経験を積んでいるだけあって、観客を惹きつける術も、盛り上げる術もさすがの一言。観客たちは静かにパフォーマンスを見守りつつ、見せ場の場面では大いに盛り上がっていました。

特に駅前広場でのパフォーマンスは、ものすごい数の人を集めており、内容も派手なものでした。コマを空中に飛ばし、それを自らキャッチするというものでしたが、その高さが本当にとんでもなく、「上空」だったのです。本当に見えないくらいの高さで、まさに文字通り「空の上」まで飛ばしていたんです。

また、コマを飛ばすまでの場つなぎのトークや、盛り上げ方にも観客は大ウケ。途中、失敗もありましたが、それすらも計算の内なのでは?と思うくらいうまく乗り切り、笑いを誘っていました。高く高く放り投げるそのパフォーマンスは、ラストまで圧巻でした。本当に見ているこっちが怖くなるくらい、なかなか地上に落ちてきませんでした。実際、上空の風は強く、コマは流されているようで、実は、キャッチはかなり難しいとのこと。本当にすごかったです。

他にも、街の至る所で大道芸を楽しめる「高円寺びっくり大道芸」。風船を使ったり、音楽を奏でたり、そのパフォーマンスの数々は、大道芸人の個性がシッカリと感じられるものばかり。昨年よりもさらにパワーアップしたように感じました。来年はさらに盛り上がるはずです。ぜひ来年、足を運んでみてください。

■ 高円寺びっくり大道芸2015
http://www.koenji-daidogei.com/2015/
開催期間:2015年4月25日・26日

文・取材 / 岩崎浩之
理容マツバラ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集