特集コラム

Column 14 高円寺フェス

高円寺フェス
2015/11/18

高円寺フェス2015 Vol.3 サイケ・デリーさんがいよいよ本格始動!

column14025_01.jpg

毎年“秋の大文化祭”として開催される「高円寺フェス」ですが、つねに来場者の期待以上の進化を遂げつつある中で、これまでと大きく違ったのは、何といっても昨年の「高円寺フェス2014」において、高円寺商店街連合会公式キャラクターに選ばれた「サイケ・デリーさん(以下、デリーさん)」がプログラムの表紙を飾り、高円寺中央公園での「ゆるキャラ®まつり」でその着ぐるみが本格デビューしたことでしょう。

商店街の至る所に、髭を生やして舌を出している“キモかわいい”デリーさんのポスターが貼られており、高円寺が独特のサブカルチャーを持つ中央線沿線駅の街であることを再確認させてくれました。

ゆるキャラ®という言葉の生みの親であるみうらじゅん氏が、かつて語ったとされる「高円寺は、日本のインドである」というコンセプトを汲み取った公募作品を、昨年の「高円寺商店街連合会公式キャラ最終審査会」でみうらじゅん氏自身が選んだキャラなのだから“仕方ない、大丈夫!”と、高円寺に住む人たちは受け入れたようです。

サイケ・デリーさんがカレーを作っちゃったデリー!

インド的な雰囲気のキャラであることから、JR高円寺駅の南口広場に設けられたデリーさんのテナントには、バッジ、ステッカー、ノート、マスキングテープなどのステーショナリーグッズのほか、デリーさんがプロデュースしたという「グレービービーフカレー」も販売されていました。

「グレービービーフカレー」のパックを入れられるトートバッグ付きで、そのトートバッグにも「みうらじゅん氏が選んだのだから仕方ない、大丈夫!」とぶっちゃけた本音が書かれていました。

こういった流れで選ばれたゆるキャラ®というのも、国内ではめずらしいのではないでしょうか。

column14025_02.jpg

デリーさんのデビューと、サイケデリーシャスだという「グレービービーフカレー」発売に連動するように、「座・高円寺」エントランスでは「カレーなる戦いin 杉並」と題して、高円寺の「グレービービーフカレー」、同じ中央線沿線駅の阿佐ヶ谷からは「阿佐ヶ谷文士珈琲咖喱」、ラーメンで有名ではあるもののカレー専門店も多い荻窪からは「荻窪名店イタリアンカレー」と、それぞれ味わいが異なる3種類のレトルトカレーでグルメバトルを展開。

column14025_03.jpg

器は4種類のカレーが入る形になっており、高円寺の「自由人酒場」「割烹DISCO大蔵」「カレーハウスコロンボ」、阿佐ヶ谷の「ジャーメジャム」「シャトーまるご」「サンダルキッチン」、荻窪の「サンパ」「ogikubo Hinata」、西荻窪の「CURRY BAR シューベル」といった名店のカレーもチョイスすることができます。

各店、ルーがなくなり次第終了とあって、「高円寺フェス」は北口広場で実施された「ゼロワンプロレス」だけでなく、今年は新たな“美味しい”バトルも登場し、恒例となりそうな賑わいを呈していました。

これも“デリーさん効果”の一つでしょうか。

column14025_04.jpg

 

■高円寺フェス2015
http://koenjifes.jp/
開催日時:2015年10月31日-11月1日

■高円寺観光案内(サイケ・デリーさん)
http://kouenji.biz/psychedelhi/

文・取材 / 丸山美智子
理容マツバラ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集