特集コラム

Column 8 高円寺の古着

高円寺の古着
2010/12/27

THE GATE

迷路のような店内

column8008_01.jpg

こちらのショップはとにかく広くてアイテムの数がものすごい。
純情商店街のなかにあり、北口では最大クラスの大きさ。今年で開店7年目になる。

所狭しとアイテムが並ぶ迷路のような店内には、若者を中心として中学生から70代くらいまでの老若男女が訪れる。

また、ベビーカーを押しながらでもアイテムを見てまわれるので、小さな子供を連れても落ち着いて買い物ができる。年配者におすすめなのは、様々な柄の布生地で品ぞろえが豊富。

時間をかけて、楽しんで

column8008_02.jpg

どこになにがあるのか探すのに戸惑うほどだが、大丈夫。お目当てのアイテムがあるならショップの奥にいるスタッフがチャント教えてくれる。

逆に時間に余裕があるなら、じっくり時間をかけてたくさんのアイテムをみてまわるのも楽しい。USの古着屋と雑貨屋が融合したようなショップなので、USEDのサーフボード、スケボー、スノボー、ギター、レコード、その他モロモロの面白グッズも。

60年代から70年代のロックミュージックも気分を盛り上げてくれる。

また、国内とUSから週に2、3回仕入れをしているので、常にあたらしいアイテムが顔を出す。いつ訪れても飽きないほどアイテムの回転が早い。

column8008_03.jpg

1万円で全身コーディネイト

「リーズナブルでクオリティーの高いアイテムをそろえています」
と、店長のタナカさん。

その言葉どおり、店頭のリーバイスのUSEDジーンズが990円から購入できる。女性に人気のカバンも500円から。ジャケット、ブルゾンも千円代から用意されている。さらに、きわめつけは100円アイテム。メンズ、レディースのシャツ、パンツ、ベルトやレコードなど種類も豊富。

また店名のGATEが由来となっている「門ジーンズ」というオリジナルのアイテムも人気が高い。

1万円でも全身コーディネイトが可能で、過去に3万円分アイテムを購入した人は、両手に抱えきれないほどだったという。

リーズナブルにおさえられるのは、あえてヴィンテージをメインでとりあつかっていないこと。レギュラーUSEDの大量仕入れがそれを可能にしている。

column8008_04.jpg

仕事帰りにも

夜の9時半までオープンしているので、仕事帰りに立ち寄れるのも知って得する情報。北口は早稲田通りの方向に帰るひとが多いはずなので、帰り道に足を運ぶのを日課にすると楽しみも増える。

もちろん高円寺以外に住むひとも大歓迎だが、店内で迷子にならないように気をつけてほしい。

■ THE GATE
http://www.thegate.co.jp/
住所:東京都杉並区高円寺南2-22-5 ソフィア高円寺 1F
営業時間 :12:30―21:30(平日)11:30―21:30(土日祝) 不定休
TEL:03-3336-9345

文・取材 / 古川晋也
さわやこおふぃ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集