特集コラム

Column 8 高円寺の古着

高円寺の古着
2011/01/14

ガイジン

column8011_01.jpg のんきな雰囲気につつまれて

こちらのショップは「世界ノのんき」をテーマに、ことしで開店3年目になる。

店内にはじゅうたんが敷かれ、ピンクベージュのファンデーションのような壁、さらに所々に置かれたシェードも、ショップというより部屋そのものをイメージさせる。

のんきな気分になるからと、3時間くらい店内をみてまわる人、このショップに住みたいという人、実際に眠くなったから寝ていきたいという人までいるという。

豊富なアイテム 珍しいアイテム

取りそろえる古着は、いつの時代も色あせないもの、今すぐ着たいもの、またそれらのアイテムを着るために必要な定番のもの。100年前のものもあれば、ベーシックなものまで、

column8011_02.jpg

どれもクオリティーが高くカワイイものを厳選している。

仕入れはUSを中心に、気になるアイテムがあればヨーロッパやアジアに買いつけにいくこともしばしば。

また古着と並んで、作家によるハンドメイドの洋服やリメイクもある。古着のショップには珍しくインディーズアーティストのドローイングもあり購入もできる。

幅広い客層

column8011_03.jpg

客層は10代から30代の男女を中心に、あらゆる年齢層の人々をウェルカムしている。

「最年少のお客様はゴーストのぬいぐるみにひとめぼれした2才の女の子です。パパに可愛くおねだりして、そのまま抱きしめてニコニコ帰っていきました。“もうたくさんお洋服はもっているの。でもやっぱりほしいの”と、ビーズの刺繍がかわいいカーディガンをご購入くださったステキな80歳のご婦人もいらっしゃいました」店長のシンボさんは微笑みながら語る。

老若男女にかかわらず、自分の感覚で古着やそのほかのアイテムを楽しめる。
新しいエピソードはこれからも生まれる。

■ ガイジン
住所:東京都杉並区高円寺南3-56-1
営業時間 :13:00―21:00 年中無休
TEL:03-3316-9337

文・取材 / 古川晋也
さわやこおふぃ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集