特集コラム

Column 6 高円寺びっくり大道芸

高円寺びっくり大道芸
2014/05/12

みんなのリトル高円寺

4月26、27日の両日に行なわれた高円寺びっくり大道芸2014は、天気にも恵まれ、街全体がパフォーマンスの街となり賑わいをみせた。

column6040_1.jpg

座・高円寺 入場無料イベント

座・高円寺で両日開催していた入場無料のイベント、「みんなのリトル高円寺」をのぞいてみると、そこには子どもの好奇心を刺激する世界が広がっていた。

大人だって思わずはしゃぎたくなるような、冒険したくなるような、不思議な世界。「これなぁに?」「どうなっているの?」と足を踏み入れたくなる。

テーマは「遠い町」。イマココ広場のまわりには、雲が浮かぶ天空の町「ウエノホウ」、ピカリと光る未来の町「アシタノサキ」、地底に続く秘密の町「モットチカ」、遠い昔にタイムスリップできる「ドコデモン」の四つの町が広がっている。

今、現在を中心に、いろんな方向に広がっていく町は、子どもたちの自由な想像力がそのままあらわれている。大人がつくるのでなく、子どもたちがつくる町。

ここには、細かいルールはない。自分のやりたいことができる。自由に工作ができるようにと材料コーナーには紙や綿、プラスチック、ぷちぷちなどいろんな素材があるから、子どもたちも何をつくるか迷いそうだ。わからないことがあったら、近くにいるスタッフのお兄さんにきいたら、丁寧に教えてくれるから安心。

column6040_2.jpg

イマココ広場でノビルシティをひとつ育てたら、やじるしの形をした「やじるし―ル」が一枚もらえる。このシールを持っていると、4つの町のお仕事に参加でき、参加するとさらにシールが一枚もらえ、このシールを4枚つなげると「やじるバッヂ」か5月からのイベントで使えるおためし参加券がもらえるなど、楽しいことが次から次へと待ち受けている。

また、イマココ広場では、1日2回キューブジャグリングやヒューマン・ビート・ボックスなどのパフォーマンスも行われた。この広場では、近距離でパフォーマンスを見れるので、パフォーマーとの一体感もより味わえる。

大人も子どもも一日いても飽きずに楽しめるのが、「みんなのリトル高円寺」だ。

パフォーマー(2)へつづく

■ 高円寺びっくり大道芸2014
http://www.koenji-daidogei.com/2014/
開催期間:2014年4月26日・27日

文・取材 / 阿部 裕子
ノーブルウェブ

特集コラム

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(3)

2016/09/21

地域企業の温かい応援も嬉しい「あづま通り女みこし」 2016年で9回目となる「高円寺あづま通り女…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」(2)

「カーブス高円寺」で神輿の担ぎ手に変身「高円寺あづま通り女みこし」は参加費無料で、神輿の担ぎ手と…

続きを読んでみる

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

2016/09/21

第9回「高円寺あづま通り女みこし」巡幸

8月27日・28日に開催された「第60回・東京阿波おどり」。それと並行して8月28日には、「第9…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集